回線

メガエッグ光を解約する方法を解説!違約金や工事の注意点!

メガエッグとは中国電力グループのエネルギア・コミュニケーションズが提供するインターネット回線サービスです。今回は「メガエッグ光ネット」を解約する方法を解説していきたいと思います。

「現在使用しているが、対応が悪いので他の所にしたい。」

「とにかく速度よりも料金が安い所に変えたい。」

「引っ越しするので、この際ネットの回線も変えよう!」など、解約を検討された際に気になる事、解約方法違約金や撤去費用はいくらかかるのか?など、注意点!について調べてみました。

メガ・エッグ光ネットの解約方法を解説!

メガ・エッグ光ネットは、プロバイダもエネコム1社で提供しているサービスになるので、プロバイダへの連絡は必要ありません

まずは、大まかな流れを先に説明しておきます!

STEP1:解約前の準備
STEP2:解約の手続き

STEP3:解約後の手続き(機器の返却・撤去工事等)

ここから、具体的に説明していきますね。

STEP1:解約前の準備

まず、解約の電話をする前に注意事項を確認しておきましょう!

注意しておく点

・契約解除料金(違約金)、工事費残債の支払いが必要になる場合がある。
・オプションでメガエッグ光電話サービスを利用していた場合、電話番号が利用出来なくなる。

違約金について、詳しくは下記にて解説してます。

電話番号を継続して利用したい場合は、解約希望日までに今後利用予定の他社回線事業者(NTTなど)に申し込んで、電話番号の引継ぎをしておきましょう。忘れないようにしましょう!

上記の2点を確認しておきましょう!

 

STEP2:解約の手続き

準備が出来たら、いよいよ電話をかけましょう!

メガ・エッグお客さまセンター

0120-50-58-98(フリーダイヤル)

受付時間:10:00~19:00(年中無休)

一般電話、携帯・PHSでも利用出来ます。

 

STEP3:解約後の手続き(機器の返却・撤去工事等)

解約後は、宅内の機器を撤去しないといけません。こちらは、無料で出来ます。

引込線の撤去を希望の場合は、撤去費用で10,000円がかかります。その他に、工事の態様によっては、別途費用がかかる場合もあります。

ケーブルやアダプタなどの付属品も忘れないように!

これで、解約手続きは完了します。

 

解約の場合、違約金などある?

結論から言うと、違約金(解約金)はあります。

解約の際にかかる違約金には、

①最低利用期間内(2年以内)や自動更新プラン(3年)の更新日以外に解約した場合。

②撤去工事費用。

③工事費を分割払いにしていた場合。

があります。

ご自身の契約状況により、解約金(違約金)・撤去費用は異なりますので、メガ・エッグお客さまセンターに問い合わせて確認しましょう。

①最低利用期間内(2年以内)や自動更新プラン(3年)の更新日以外に解約した場合。

メガエッグ光ネットでは、平成27年2月以降に申し込んだ場合は、最低利用期間はありませんが、それ以前に申し込んでいた場合は、最低利用期間が2年設定されています。

【最低利用期間】

最低利用期間がある場合は、期間内に解約すると解約金が発生してしまいます。

期間 解約金 金額
2年以上 なし 0円
2年未満1年以上 あり 9,000円
1年未満 あり 11,000円

 

きちんと2年以上使えば解約金はかかりませんので、契約する際はしっかり考えないとですね!

【自動更新プラン】

自動更新プランの場合は、更新日(60日間)以外に解約した場合に解約金が発生します。残余期間とメニューによって、金額も変わってきます。

携帯の違約金と同じだね!

更新日に解約すれば、解約金はかかりません。

更新日は、契約満了日の翌日から60日間になります。

更新日の30日前に契約の基本メールアドレスに連絡がくるから、チェックしておきましょう!!

ちなみに、最低利用期間が設定されている方で自動更新プランを申し込んでいた場合は、自動更新プランの解約金のみかかります。

 

②撤去費用

上記の解約手順③でも説明した通り、撤去希望の場合は、撤去費用で10,000円がかかります。

 

③工事費を分割払いにしていた場合。

工事費を分割払いにしていて支払いが完了していない場合は、解約時に残金を一括で支払わなければなりません。

 

解約の際に、かかる費用はこちらの3つになります。

解約する際に、高額な解約金を払うのはやっぱり嫌ですね。

違約金を無料にするには?

違約金がかかる条件を逆に考えればいいんです。

①自動更新なしのプランにしておく。

自動更新がないプランだと、いつ解約をしても違約金がかかる事はありません。但し、縛りがない為月々の割引もないので、多くの方が自動更新ありのプランに入っていると思いますが。

②自動更新の更新日に解約をする。

どうしてもという理由がなければ、更新日の間に解約をするのが一番ベストだと思います。

③キャッシュバックなどのある、他社の回線に切り替える

ネットを解約しても、またどこかのネットに入るのが前提だと思います。なので、次のところで乗り換えキャッシュバックキャンペーンなどを行っている所に切り替える事で、一旦違約金は払わないといけないですが、キャッシュバックがあるので実質タダで解約する事が出来ます。

事前に、調べておきましょう!

その他、気になる注意点!

解約月は日割りになる?

メガエッグ光ネットは、解約月の料金は日割り計算になります。

 

他サービスは、別途解約が必要?

メガエッグ光ネット以外にも、光テレビや光電話のサービスがあります。

これらは、メガエッグ光ネットに契約している事が前提なので光ネットを解約してしまうと使用する事が出来なくなります。なので、光ネット解約の際に一緒に伝えておきましょう!

ただし、光テレビは解約の際に、チューナー撤去工事費1台につき3,000円(税抜)と放送設備撤去工事費9,000円(税抜)が発生します。さらに、解約月の日割り計算はありませんので、光テレビにも契約されている場合は、注意しましょう!

 

まとめ!

メガエッグ光ネットは、プロバイダと一体型なので、解約はシンプルですね。

解約の際は、極力解約金がかからないように注意をする事をオススメします。

また、次どこかの回線に申し込む場合はそちらのキャンペーンなどと照らし合わせ少しでもお得になるようにするのがいいですね。