回線

so-net光(ソネット)を解約する方法!解約金や電話番号について!

so-net光プラスとは、NTT東日本およびNTT西日本のフレッツ光回線契約とso-netのプロバイダサービス契約がまとまったインターネットサービスです。今回は「so-net(ソネット)光」を解約する方法を解説していきたいと思います。

「現在使用しているが、対応が悪いので他の所にしたい。」

「とにかく速度よりも料金が安い所に変えたい。」

「引っ越しするので、この際ネットの回線も変えよう!」など、解約を検討された際に気になる事、解約方法違約金や撤去費用はいくらかかるのか?など、注意点!について調べてみました。

so-net光の解約方法を解説!

so-net光の解約は、電話で連絡しましょう。

プロバイダのso-netと光回線を提供しているNTTが一体型で提供しているサービスになるので、回線・プロバイダと2つ連絡する必要はありません。

連絡はSo-net サポートデスクです。

まずは、大まかな流れを先に説明しておきます!

STEP1:解約前の準備
STEP2:解約の手続き

STEP3:解約後の手続き(機器の返却・撤去工事等)

ここから、具体的に説明していきますね。

STEP1:解約前の準備

まず、解約の電話をする前に注意事項を確認しておきましょう!

注意しておく点

・解約金(違約金)、工事費残債の支払いが必要になる場合がある。
・オプションでso-net光電話を利用していた場合、電話番号が利用出来なくなる。

違約金について、詳しくは下記にて解説してます。

電話番号を継続して利用したい場合は、解約希望日までに今後利用予定の他社回線事業者(NTTなど)に申し込んで、電話番号の引継ぎをしておきましょう。忘れないようにしましょう!

上記の2点を確認しておきましょう!

 

STEP2:解約の手続き

準備が出来たら、いよいよ電話をかけましょう!

So-net サポートデスク

0120-80-7761(通話料無料)

受付時間: 9:00〜18:00(1月1日、2日、メンテナンス日を除く)

IP電話等、上記番号が利用出来ない場合

0503-383-1414(通話料お客さま負担)

so-net光の解約連絡の際に、

「解約」「退会」のどちらにするかを聞かれます。

解約・・・so-net光のみの解約でso-net会員は残る。

退会・・・so-net光はもちろん、会員からも退会する。

となります。今後、so-netのプロバイダを使用する予定などがなければ、そのまま退会してしまう方が良いと思います。

 

STEP3:解約後の手続き(機器の返却・撤去工事等)

解約電話後は、機器の返却が必要となります。

返却方法としては、

NTTより機器返却用のキットが送られてきますので、それに梱包して送り返せばOKです。

機器とは、モデムやルーターと呼ばれるものです。

ケーブルやアダプタなどの付属品も忘れないように!

 

派遣工事は、ご自身が依頼した場合建物などの状況によって必要と判明した場合(退会手続き後1週間以内に連絡がきます)です。

もし、工事が必要だった場合は、上記の機器もその時に返却する形になります。

これで、解約手続きは完了します。

 

解約の場合、違約金などある?

結論から言うと、違約金(解約金)はあります。

解約の際にかかる違約金には、

①So-net 長割 for So-net 光(30か月)・so-net光プラス(3年)をご利用中で契約更新月以外に解約された場合。

②工事費を分割払いにしていた場合。

があります。

①So-net 長割 for So-net 光(30か月)・so-net光プラス(3年)をご利用中で契約更新月以外に解約された場合。

これは、携帯などの違約金と同じですね。

更新月に解約すれば、解約金はかかりません。

更新月は、契約満了月の翌月と翌々月(2カ月間)になります。

例えば、2015年10月が3年契約の利用開始月だとすると、契約満了月は2018年の9月でになるので、その翌月と翌々月(2018年10月11月)が更新月となります。

【So-net 長割 for So-net 光(30か月)】

プラン名 解除料 金額(税別)
戸建て あり 7,500円
マンション あり 7,500円

 

【so-net光プラス(3年)】

プラン名 解除料 金額(税別)
戸建て あり 20,000円
マンション あり 20,000円

 

②工事費を分割払いにしていた場合。

工事費を分割払いにしていて支払いが完了していない場合は、解約時に残金を一括で支払わなければなりません。

解約の際に、かかる費用はこちらの2つになります。

 

違約金を無料にするには?

違約金がかかる条件を逆に考えればいいんです。

①自動更新の更新月に解約をする。

どうしてもという理由がなければ、更新月に解約をするのが一番ベストだと思います。

②キャッシュバックなどのある、他社の回線に切り替える

ネットを解約しても、またどこかのネットに入るのが前提だと思います。なので、次のところで乗り換えキャッシュバックキャンペーンなどを行っている所に切り替える事で、一旦違約金は払わないといけないですが、キャッシュバックがあるので実質タダで解約する事が出来ます。

 

事前に、調べておきましょう!

その他、気になる注意点!

解約月は日割りになる?

so-net光では、解約日にかかわらず解約月の日割りになりません

なので、タイミングには気を付けましょう。

 

まとめ!

so-net光、回線とプロバイダが一体型なので、解約はシンプルですね。

解約の際は、極力解約金がかからないようにタイミング良くする事をオススメします。

また、次どこかの回線に申し込む場合はそちらのキャンペーンなどと照らし合わせ少しでもお得になるようにするのがいいですね。