銀行・クレジットカード・金融

イオンカードの解約法とは?電話番号やWAONポイントについても!

最近では、その便利さからクレジットカードを利用する人は非常に多いです。

それゆえ、種類も豊富で複数のカードを持っている人も珍しくありません。

店員からの勧誘や、カードを作ることで得られるサービスを受けるため、勢いでカードを作った経験をお持ちの方もいるのではないでしょうか。

しかし、使わないカードを持っていることは無意味ですし、年会費を無駄に払っているかもしれません。

そこで今回は、イオンカードを解約する方法や電話番号・WAONポイントについてもご紹介します。

イオンカードの解約方法

イオンカードを解約するのに、書類を揃えたりどこかへ行く必要はありません。

ただし、カードによって違いがありますので注意しましょう。

イオンカードの解約

イオンカードは、電話またはインターネットで解約の手続きが行えます。

【インターネット】

イオンフィナンシャルサービス「暮らしのマネーサイト」の「クレジットカード退会受付」ページから手続きをしましょう。

*退会受付ページはこちら

【電話】

電話で手続きは以下の番号から行えます。

イオンカードコールセンター

0570-071-090

(9:00~18:00 / 年中無休)

※一部のIP電話からは利用できない場合があります。その場合は043-296-6200 へ電話しましょう。

※イオンSuicaカードは、カードの返却が必要となります。

ネットの場合、イオンカード会員サイトのMyPageから「カード退会届」を取り寄せてイオンSuicaカードを同封して送ります。

*会員サイトはこちら

イオンカードセレクトの解約

イオンカードセレクトの解約は、電話での手続きのみです。

イオン銀行のキャッシュカードの役割もあるため、電話先は「イオン銀行コールセンター」となります。

イオン銀行コールセンター

 0120-13-1089

(9:00~21:00 / 年中無休)

イオンカードは繋がりにくくて有名ですが、根気強くかけましょう!!

解約したカードはどうする?

カードを解約したとしても、カードの内部にはICチップなどが埋め込まれており、個人情報が詰まっています。

それゆえ、そのまま捨ててしまうことは非常に危険なのです。

ハサミで簡単に切る人もいますが、ICチップを裁断することや、会員番号、有効期限などをバラバラにするよう意識しましょう。

カード用のシュレッダーなどを使うと安全に処分することができますよ。

また、ゴミに出す時も数回に分けて捨てることで安全性が高まります。

ICチップを意識して、なるべく細かく裁断しよう!

イオンカードを解約する際の注意点

解約の手続きは簡単に行えますが、事前に以下の点について知っておくことが大切です。

未払いがあると解約後も請求が続く

クレジットカードの魅力は支払い方法が選べることですよね。

イオンカードで分割払いやリボ払いを指定していて、支払いが完了してない場合は、解約後も継続して引き落としが行われます。

希望すれば一括で支払うこともできるので、検討してみて下さい。

ときめきポイントは全て消える

イオンカードに貯まっていた「ときめきポイント」は、解約すると全て消えてしまいます。

イオンカードは解約してもWAONは使う場合、チャージすることをオススメします。

また、JCBギフトカードやdポイントへの交換もできますので、自分の用途に合わせて利用しましょう。

ただし、交換できるポイント数は最低1000ポイントなので、1000ポイント以下の端数が少ない時に解約するのがいいかもしれません。

WAON一体型のカードではWAONポイントが消える

イオンカードでは、WAONの機能と一体になっているものがあります。

このWAON一体型のカードを解約すると、それまでに貯めたWAONポイントは消えてしまいます。

クレジットの機能が無い新しいWAONカードを用意して、WAONポイントを移行しておきましょう。

WAONポイントの移行は、イオンの店舗内にある「WAONステーション」で行えます。

また、公共料金などの支払いにカードを使用していた場合は、必ず解約前に変更の手続きをしておきましょう。

料金支払いを変更せずにカードを解約すると、滞納している状態になってしまうかもしれないので注意してね!

イオンカードの年会費は?

イオンカードには様々な種類があり、そのほとんどで年会費が無料です。

年会費のかかるイオンカードは以下のものです。

・JQ SUGOCA 

(年1回も使わない場合)

・JMB JQ SUGOCA 

(年1回も使わない場合)

この2つのカードについても、年に一度でも使えば年会費は無料になります。

まとめ

いかがでしたか。

クレジットカードは作るのも使用するのも簡単な上、解約するのも気軽に手続きができると分かりましたね。

新規入会にはお得なキャンペーンがあることが多く、つい作ってしまうこともあると思いますが、その内容をしっかり確認しておくことが大切です。

年会費が無料なのは初年度のみの場合もありますので、使わないカードを持っていると、無駄な年会費を支払っている可能性もあります。

不要なカードは解約をし、自己管理できる枚数を手元に置いて賢く活用しましょう。

カードを限定することは、効率よくポイントを貯めることにも繋がるよ!