銀行・クレジットカード・金融

JALカードの解約法は?サービスセンターや家族カードについても!

最近では、その便利さからクレジットカードを利用する人は非常に多いです。

それゆえ、種類も豊富で複数のカードを持っている人も珍しくありません。

店員からの勧誘や、カードを作ることで得られるサービスを受けるため、勢いでカードを作った経験をお持ちの方もいるのではないでしょうか。

しかし、使わないカードを持っていることは無意味ですし、年会費を無駄に払っているかもしれません。

そこで今回は、JALカードを解約する方法とサービスセンターや家族カードについてもご紹介します。

JALカードの解約方法

JALカードを解約する方法は、「電話」「JALカード会員退会届」の2つの方法で行うことができます。

JALカード会員退会届

JALカード会員退会届を請求すると、登録している住所に1週間ほどで届きます。

必要事項を記入して返送することで、簡単に解約することができます。

退会届の請求には以下の方法があります。

JALカードホームページでの請求
「MyJALCARD」からログインをして、退会届を請求しましょう。

ログインには「お得意様番号」と6桁のJALマイレージバンクの「JMBパスワード」が必要となります。

*My JAL CARDはこちら

電話での請求
 JALカード会員専用24時間音声情報サービス

電話番号 : 0120-747-804

<携帯電話・PHS/海外からは>

電話番号 : 03-5460-4343

【資料コードナンバー :51513】

サービスセンターへの電話

カードの契約者本人がJALカードお客さまサービスセンターへ電話をすることでも、解約の手続きができます。

JALカードお客さまサービスセンター

電話番号 : 0120-747-907

(携帯・PHS/海外からかける場合)

電話番号 : 03-5460-5131

受付時間:(月~金)09:00~17:30(土)09:00~17:00

(日・祝日・年末年始は休み)

解約の電話をかけるときは、カードを手元に用意するとスムーズだよ!

解約したカードはどうする?

JALカードは解約後のカードの扱い提携ブランドによって異なります。

JALカードSuica

JALカードSuicaの場合、磁気ストライプ部分にハサミで切り込みを入れ、「JALカード会員退会届」とともに返送をしましょう。

それ以外の提携先ブランド

「JALカード会員退会届」に必要事項を書いて返送後、自分でカードを破棄します。

カードを解約したとしても、カードの内部にはICチップなどが埋め込まれており、個人情報が詰まっています。

それゆえ、そのまま捨ててしまうことは非常に危険なのです。

ハサミで簡単に切る人もいますが、ICチップを裁断することや、会員番号、有効期限などをバラバラにするよう意識しましょう。

カード用のシュレッダーなどを使うと安全に処分することができますよ。

また、ゴミに出す時も数回に分けて捨てることで安全性が高まります。

ICチップを意識して、なるべく細かく裁断しよう!

JALカードを解約する際の注意点

解約の手続きは簡単に行えますが、事前に以下の点について知っておくことが大切です。

マイルは有効期限内は有効

JALカード退会後もJALマイレージバンク(JMB)会員として継続されるため、有効期限内のマイルは引き続き利用できます。

解約するJALカード以外にJMBカードを持っていない場合には、新たにJMBカード(IC機能なし)が発行されます。

有効期限をしっかり確認し、期限内に使うようにしましょう。

未払いがあるときは、一括での支払いを求められることがある。

クレジットカードの魅力は支払い方法が選べることですよね。

しかし、分割払いやリボ払いを指定した場合、解約時に残りの支払額を一度に請求されることがあります。

カードを解約する前に、支払いが完了しているかを確認しておきましょう。

支払った年会費は返還されない

年会費のかかるカードを使わずに持っていることは、とても損なことです。

年会費がいつ発生するのかを調べ、なるべく無駄な支払いを重ねないうちに解約するようにしましょう。

家族カードやETCカードも解約扱いとなる

JALカードを解約すると、それに付随する家族カードやETCカードも解約扱いとなり使用できなくなります。

解約扱いとなることを知らずに家族カードで買い物をしたり、ETCゲートを通って困ることのないよう、代わりのカードを用意するなどしておくことが大切です。

また、公共料金などの支払いにカードを使用していた場合は、必ず解約前に変更の手続きをしておきましょう。

料金支払いを変更せずにカードを解約すると、滞納している状態になってしまうかもしれないので注意してね!

家族プログラムは退会となる

JALカードの退会と同時に「JALカード家族プログラム」も退会となります。

退会後はマイルを合算しての特典交換はできなくなりますので注意しましょう。

入会してすぐに解約するのは控える

入会してすぐにクレジットカードを解約してしまうと、入会時の特典やアフィリエイトが目的であると判断される危険性があります。

すると、カード会社からの印象が悪くなって、今後のクレジットカード作成時に審査が通りずらくなる危険性があります。

まとめ

いかがでしたか。

クレジットカードは作るのも使用するのも簡単な上、解約するのも気軽に手続きができると分かりましたね。

新規入会にはお得なキャンペーンがあることが多く、つい作ってしまうこともあると思いますが、その内容をしっかり確認しておくことが大切です。

年会費が無料なのは初年度のみの場合もありますので、使わないカードを持っていると、無駄な年会費を支払っている可能性もあります。

不要なカードは解約をし、自己管理できる枚数を手元に置いて賢く活用しましょう。

カードを限定することは、効率よくポイントを貯めることにも繋がるよ!