アプリ関連

【簡単1分】一定額ストップサービスを解約・解除する方法!その他の注意点も!

一定額ストップサービスとは、携帯電話のご利用金額が一定額を超えた場合に、発信(音声発信・メールサービス・パケット通信)を停止するサービスになります。

通常月額\100(税抜)で利用可能です。さらに、「iPhone 基本パック」という月額¥500のサービスにも、一定額ストップサービスは含まれています。

ソフトバンクの回線をご契約の方は、

「契約時にオプションなどで入会していた」
「もう使う機会もほとんどない」
「これから利用を考えているが退会・解約は簡単なのかな?」

などの方に向けて、今回は、簡単に解約・解除する方法を解説していきたいと思います。

その他に、解約・解除するにあたっての注意点もまとめてみましたので、ぜひ参考にしてみて下さい!

解約・解除する方法を画像付きで解説!

解約方法

My SoftBankからの解約。

・近くのショップ窓口 ※本人確認証明書が必要(例:免許証・パスポート)

があります。

解約手順

今回は、My SoftBankからの解約手順を紹介します。

STEP1からSTEP6までで解約完了になります!

時間で言うと、1分です!

※今回の画像は割込通話の画像ですが、一定額ストップサービスの解除方法も全く同じ場所と同じ方法になります。

STEP1 まずは、My SoftBankのTOP画面です。ログインされていない場合は、まずログインしましょう!(今回は、ログインした状態です。)

ログイン後、右上の「メニュー」をタップして、メニュー内の「契約・オプション管理」をタップして下さい。

 

STEP2 「契約・オプション管理」画面になりましたら、「オプション」をタップしましょう!

 

STEP3 すると、オプションサービス手続き画面になります。下にスライドさせて、一定額ストップサービスの右にある「変更」をタップして下さい。(画像は、割込通話の画像になっています。)

 

STEP4 画面が切り替わりましたら、下にスライドさせて「次へ」をタップして下さい。

 

STEP5 確認画面になりますので、下にスライドさせて「同意する」にチェックを入れて「申込」をタップしましょう。

 

STEP6 この画面が表示されたら、手続き完了です。

 

これで解約(解除)が完了しましたので、今後料金が発生する事はありません。

発信停止を解除する方法!

限度額を設定し、それに達成してしまい発信が停止してしまった際に、その発信停止を解除する事も出来ます。

解除の方法には、

・My SoftBank

・電話

があります。

My SoftBankの場合

携帯・スマホは停止中の為、PCからの操作のみになるよ!

My SoftBankにアクセスします。

②一定額ストップサービス内の「発信停止の解除」右枠にある「解除」を選択して下さい。

 

③案内画面を確認後、「解除」を選択して停止解除完了となります。

電話の場合

解除ダイヤル

ソフトバンク携帯電話から:*8157

一般電話から:0800-111-8157

発信停止になっていても、一定額ストップサービス解除ダイヤル(ソフトバンク携帯電話から*8157)には発信できます。

※上記の方法で解除が完了したら、携帯電話の電源を入れなおしてください。

後は、注意しておくべき点がいくつかございますのでそちらも気を付けて下さいね!

解約・退会の際の注意点!

一定額ストップサービスの解除が出来ない!?

冒頭でお伝えした通り、スマートセキュリティのサービスには、

①単体での申し込み

②「iPhone 基本パック」のセットに含まれるオプションサービス

の2種類での申込があります。

①の場合は解除出来るのですが、②の場合は「一定額ストップサービス」のみを解除する事が出来ません。

しかし、iPhone基本パックのセットに含まれているので解約しなくても損している訳ではありませんので、気にしなくてよいでしょう!

「基本パック」を解約(解除)したい方は、下記を参照にして下さい!

【簡単1分】スマートフォン基本パックを解約・解除する方法!その他の注意点も!スマートフォン基本パックとは、スマートフォンを利用する上で欠かせないオプション(総額1,500円以上)をまとめて、月額使用料500円で利...
解除前に、きちんと確認しておこう!

まとめ!

今回、iPhoneでMy SoftBankから解約・解除をした画面を参考に解説させていただきました。

一定額ストップサービスは、事前に月の限度額を設定し、限度額を超えるとメールでお知らせしたり発信を停止して、使いすぎを防止することができるので、とても便利なサービスですね。特に必要のないと感じている場合は、すぐに解約してしまいましょう!