格安SIM

LinksMate(リンクスメイト)の解約方法を解説!違約金やLPなど注意点も!

月々の通信料って意外と負担大きいですよね。
少しでも安く抑えるためにLinksMateを契約している人もいるかと思います。

でも「他社に乗り換えたい」や「思っていたのと違った」
そんな方もいるんじゃないでしょうか。

そこで今回はLinksMateの解約方法と注意点をまとめて解説いたします。

LinksMateの解約方法

LinksMateの解約ってどうすればいいの?
LinksMateのマイページから解約できるよ!

LinksMateの解約はLinksMateのマイページから解約することができます。
電話での解約は出来ませんので注意しましょう!

マイページへログイン
②SIMカードの追加・削除
③注意事項に同意して解約

LinksMateを解約するとカウントフリーオプションやゲーム連携も一緒に解約になります。
ゲームを継続される場合は特典が受け取れなくなるので注意しましょう。

解約タイミングの注意点

通信会社の解約にはタイミングが重要です。
しかしLinksMateの場合は解約に関する契約期間は関係がありません

・解約は申し込み月末解約となります。
・当日解約を選んでも解約月の日割り計算は行われません。
・月末まで利用可能です。

解約のタイミングは気にしなくてもいいから安心ですね。

解約を申し入れれば月末までは使えるので解約を決めたら早めに手続きをしましょう!

違約金はかかるの?

LinksMateの解約時には違約金がかかります。
LinksMateのページを確認すると解約金と違約金はかかりませんとありますがSIMカードの削除事務手数料なるものがかかります。
これが実質違約金ですね。
しかしLinksMateでは最低利用期間という考え方はありません。

SIMカード解除手数料
3000円/1SIMカード(税抜き)MNP転出事務手数料
2000円(税抜き)

SIMカードの解除手数料は契約してから何か月経過していても発生することを覚えておきましょう。

解約時に忘れないようにしましょう。

また、ゲーム連携特典が契約して数か月ごとにもらえるのでゲームを継続する場合は受け取ってから解約する方がいいですね。

ちなみにMNP転出手続きもマイページから手続きできます。
手続き後2日くらいで登録メールアドレスにMNP転出番号が届きます。
※MNP転出する場合はSIMの解除手続きをする前にMNP転出手続きをしましょう!

 

有償LPについて

LinksMateでは支払方法をクレジットカード払い以外にコンビニで購入できるLPというポイントで支払うことが出来ます。
このコンビニで買ったLPのことを有償LPといいます。

有償LPが残っている状態でSIMカードの解除を行った場合返金口座を設定すれば残っている有償LP分返還されます。
この時返還額から手数料300円が引かれますので注意しましょう。

また、無償LPといってキャンペーンなどで配られるLPもありますがこちらはSIMカードの解除時消滅することになるので解除してしまう前に利用しておくといいでしょう。

SIMカードを返却

LinksMateでは解約後SIMカードの返却が必要になります。

返却先
〒104-0033
東京都中央区新川1丁目3番17号 新川三幸ビル 9F
LinksMate SIM回収受付センター
※送料はお客様負担

まとめ

いかがでしたでしょうか。
格安SIMの解約ってショップがないからなんだか難しそうと身構えていた方もいるんじゃないかと思います。

でもLinksMateの解約方法は簡単ですよね!

ちなみに解約はPCからでもスマホからでも手続き出来ますので思い立ったら忘れる前に手続きしましょう。

今回まとめた内容以外にわからないことがあればLinksMateのマイページにあるお問い合わせチャットでオペレーターがきっちり答えてくれるので気軽に相談しましょう。

電話で問い合わせしたい場合の連絡先
携帯電話・PHSからかける場合
0120-404-513(フリーダイヤル)

IP電話からかける場合
050-3786-5404(有料)
受付時間 9:00~18:00(年中無休)