銀行・クレジットカード・金融

バンドルカードの解約方法とは?注意点や年会費についても!

最近では、その便利さからプリペイドカードを利用する人は非常に多いです。

それゆえ、種類も豊富で複数のカードを持っている人も珍しくありません。

店員からの勧誘や、カードを作ることで得られるサービスを受けるため、勢いでカードを作った経験をお持ちの方もいるのではないでしょうか。

しかし、使わないカードを持っていることは無意味ですし、年会費を無駄に払っているかもしれません。

そこで今回はバンドルカードを解約する方法と問合せ先や年会費についてもご紹介します。

バンドルカードの解約法!

バンドルカードの解約方法はアプリからの手続きとなります。

操作方法
1.アプリの設定画面を開く
2.「お問い合わせ」を選択
3.「カードの退会をしたい」を選択
4.必要事項を入力したら手続き完了

アプリから簡単に手続きができるよ!

解約したカードはどうする?

カードを解約したとしても、カードの内部にはICチップなどが埋め込まれており、個人情報が詰まっています。

それゆえ、そのまま捨ててしまうことは非常に危険なのです。

ハサミで簡単に切る人もいますが、ICチップを裁断することや、会員番号、有効期限などをバラバラにするよう意識しましょう。

カード用のシュレッダーなどを使うと安全に処分することができますよ。

また、ゴミに出す時も数回に分けて捨てることで安全性が高まります。

ICチップを意識して、なるべく細かく裁断しよう!

バンドルカードの年会費は?

バンドルカードは年会費無料のカードです。

解約時に年会費のことを心配する必要はありません。

バンドルカードを解約する際の注意点

解約の手続きは簡単に行えますが、事前に以下の点について知っておくことが大切です。

解約時の残高は消失する

バンドルカードを解約する際に残高が残っていても
その残高は返金されません

解約前にできるだけ使い切るようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか。

プリペイドカードは作るのも使用するのも簡単な上、解約するのも気軽に手続きができると分かりましたね。

新規入会にはお得なキャンペーンがあることが多く、つい作ってしまうこともあると思いますが、その内容をしっかり確認しておくことが大切です。

年会費が無料なのは初年度のみの場合もありますので、使わないカードを持っていると、無駄な年会費を支払っている可能性もあります。

不要なカードは解約をし、自己管理できる枚数を手元に置いて賢く活用しましょう。

カードを限定することは、効率よくポイントを貯めることにも繋がるよ!